雑学工房

日常のなかにあるなぜ?やあなたが気になる事はなんですか?無駄なようで無駄ではない楽しい雑学で納得するかもしれません!Twitterアカウント@zatugakukoukou1

国立科学博物館 特別展「毒」の展示内容は?開催場所を紹介

2022年11月1日(火)~2023年2月19日(日)まで開催される予定の国立科学博物館 特別展「毒」。毒と言うと怖いイメージや印象が強いかもしれませんね!

今回11月から開催される国立科学博物館の特別展「毒」とはどのような展示会なのでしょうか。以下より見ていきましょう。

国立科学博物館 特別展「毒」の展示内容は

 

 

毒は人間を含む生物に様々な害を与える危険な物質。

自然界のあらゆる所に存在し、菌類を始め、植物や動物、鉱物、人口毒などいたる所に危険が付きまわっていますね。

国立科学博物館の特別展「毒」の展示内容は理工学・人類学、地学、植物学、動物学など色々な視点から9名の専門スペシャリストが毒について私たち一般市民でも分かりやすいように説明を掘り下げて毒の貴重な標本資料を説明してくれます。

 

古代より「毒」は人類を支配し時には武器に、時には薬として共存してきた毒との関係などを紹介されます。

 

第一章~最終章まであり

 

          

 

~第一章~ イントロダクション

毒の概念の説明から始まり、そもそも毒って何なのか?生物にどのような作用をもたらすのかなどを見ていきます。

 

~第二章~ 毒の博物館

私たちの身近にある毒と生物が持っている毒を紹介しています。狩りのために使用する毒や自分の身を守るための毒など様々な有毒生物の仕組みを標本を見ながら紹介しています。

 

~第三章~ 毒と進化

生物の進化は毒と共存していて進化の要因ともなってきました。第三章では毒と生物の進化について紹介しています。

 

~第四章~ 毒と人間

処刑や兵器、狩猟など「毒」を研究することで新たに薬を生み出したりしてきました。

私たちは人類が進化すると共に様々な角度から毒と向き合ってきました。第四章では人間と毒についての歴史を紹介しています。

 

~最終章~

これからの未来に向けて世界規模で毒について考えながら向き合っていかなくてはいけないという紹介をしています。

          

国立科学博物館 特別展「毒」の開催場所

開催場所:国立科学博物館

所在地:〒110-8718

東京都台東区上野公園7-20

 

 

アクセス

class="box23">JR線:上野駅(公園口)から徒歩5分

東京メトロ銀座線:日比谷線「上野駅」7番出口から徒歩10分

京成線:京成上野駅正面口から徒歩10分

TEL:050-5541-8600

※敷地内に駐車場・駐輪場はありません。

 

2022年9月13日追記

 

国立科学博物館の特別展「毒」BiSH 新曲「UP to ME」のタイアップソングが決定!

     

 【先着特典】UP to ME(12ヶ月連続ステッカー【9月】+BiSH SHOP予約特典ステッカー) [ BiSH ]

 

 

“楽器を持たないパンクバンド” BiSH(ビッシュ)の9月リリースの新曲「UP to ME」(9月21日発売)が決定しました。国立科学博物館主催の特別展と、BiSHの「中毒性」のあるサウンドとの、初めてのタイアップが実現。本タイアップソングは特別展「毒」のCMはもちろん、音声ガイドなどで使用される予定です。さらに、BiSHの限定オリジナルグッズ付き企画チケットも販売予定です。詳細は後日発表です。特別展「毒」ティザーCM BiSH verも解禁。

 

youtu.be

 

 

国立科学博物館 特別展「毒」の入場料

       

 

2022年9月2日現在、入場料金が公式サイトよりまだ発表されていませんので公表され次第追記させて頂きます。

国立科学博物館 特別展「毒」の問い合わせ

特別展「毒」に関する問い合わせは

TEL:03-6438-9195

FAX:03-6438-9196

 

本日も最後までお読み頂きましてありがとうございました。